Vol.130 マイナーキーのダイアトニックコードを使った基礎を固めた1曲。『ナイトステップ / フレデリック』

公開日: : ANALYZE ,

ナイトステップ / フレデリック

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

今までの自分が許せなくて、明日からは変わってやる! って意気込む時ってありますよね。

実際に明日から変われる人もいれば、足踏みしてしまう人も。後者の方が多い気がしますね。

今回紹介するのはこの曲!

フレデリック「ナイトステップ」

2016/10/19にリリースされた1st Album『フレデリズム』に収録されている楽曲になります。

いやぁ、古臭い。2016年にやたら古臭い楽曲となっていますね。

これはディスコソングですよ。70年代後半から80年代前半ですね!

この古臭さを出した楽曲がフレデリックらしさだと感じます。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

ナイトステップの歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

ハイファイな生活の彼女の声は しがらみを飲み込む
ローファイな静寂の子供のままじゃ何も見えないから

ハイファイとかローファイは品質に関するときに使いますよね。言葉のままハイファイは良い方で、ローファイは悪い方。

ただ実際には良し悪しと直結してるとは言い切れません。ローファイなサウンドがカッコ良いってこともあります。

ここでの”ハイファイな生活”とは垢抜けたような明るく我慢のない状態のように感じます。

ただし、内気で暗く他者との接触を拒む”ローファイ”な生活を送ってきたこともあるので、そんな過去を飲み込んで無理をしながらハイファイを演じているのではないでしょうか。

ほらほら誰だ 誰だ あの子は誰だ よその子だ 雨の子だ
それでも僕は どこでも 全部捕まえるんだ

雨は急に現れていつの間にか過ぎていきますよね。雨の子も突然会った人を指しています。

どこの誰かも知らないけど、気になったから捕まえにいく。誰だ? ってビビりながらも行動を起こすところに葛藤を感じますね。

いまからディストーションなMUSIC スーツを脱ぎ捨てるんだ紳士
いまさらファンタスティックサイケ ドレスを脱ぎ捨てるんだガール

繰り返されるサビの部分になります。

スーツやドレスは、常識や型にハマっている自分を指しているように感じます。

世間の常識にとらわれて、周りの目を気にして、穏便に、静かに、殻にこもって。

そんな自分からおさらばするんだ! そんな決意を表明するような歌詞に僕は感じます。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

ナイトステップのコード進行について

では、コード進行を見ていきましょう。

ここではヴァース・コーラス・間奏・アウトロと考えていきます。

ヴァース

ヴァース1 譜面で
ns1

キーエディターで
ns2

ナイトステップのキーはE♭マイナーです。

E♭m→D♭→C♭なのでⅠm→Ⅶ→Ⅵです。

トニックから始まりダイアトニックコードを横に移動していくコード進行です。

3和音ですしシンプルですね!

安定した位置から徐々に場面が変化していく印象を与えるコード進行です。

ヴァース2 譜面で
ns3

キーエディターで
ns4

C♭→D♭→E♭mなのでⅥ→Ⅶ→Ⅰmです。

ヴァース1のコード進行を後ろから弾いた形ですね。来た道を引き返すような感覚です。

C♭→D♭とメジャーコードが2つ続き、G♭へ行けばメジャーらしく明るく終止できますが、ここではしっかりとE♭mに着地。

はっきりとマイナーだとわかるコード進行です。

The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records でも使われています。

Vol.86 僕らは若くて、何も知らないままなのか。『The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records』
The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records どうも、GANO(@Past_Orange)です。 若いがゆえにいろいろなものを悲観的に取られてしまう時期があります。思春期っ…

コーラス

コーラス1 譜面で
ns5

キーエディターで
ns6

A♭m→B♭m→E♭m→D♭なのでⅣm→Ⅴm→Ⅰm→Ⅶです。

マイナーキーのフォーファイブワンの最後にD♭を加えたコード進行です。

主要三和音を使用したフォーファイブワンは「それで、こうで、こうだったんだ」とハキハキ説明してくれているような気がします。

D♭は次の文章へつなげる大事な一言です。「それで、こうで、こうだったんだ。それでね」って感じです。

コーラス2 譜面で
ns7

キーエディターで
ns8

C♭→D♭→E♭m→G♭なのでⅥ→Ⅶ→Ⅰm→Ⅲです。

ヴァース1のコード進行の最後にG♭を加えた形です。

コード進行の機能はコーラス1のコード進行と似ています。コーラス1よりもハキハキとはしていないが流暢な説明という感じでしょうか。

G♭はC♭へ進むためのドミナントです。実際にはC♭とコード構成音の似ているA♭mへと進みます。

ベースラインが滑らかに動くコード進行となっています。

コーラス3 譜面で
ns9

キーエディターで
ns10

コーラス1を繰り返した後、コーラス3となります。

C♭→B♭→E♭mなのでⅥ→Ⅴ→Ⅰmです。

B♭はハーモニック or メロディックマイナースケールのダイアトニックコードとなります。

B♭mではなくB♭を使う事で、E♭mに着地した際により強烈な終止感を与える事ができます。

Natural Woman / ビッケブランカ でも使われています。

Vol.118 高垣麗子さんが踊る! メタボリック「en Natural」CMソング。『Natural Woman / ビッケブランカ』
Natural Woman / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 高垣麗子さんが出演するメタボリック「en Natural(エンナチュラル)」CMソングに楽曲「Natural W…

間奏

間奏 譜面で
ns11

キーエディターで
ns12

E♭m→D♭→C♭→B♭mなのでⅠm→Ⅶ→Ⅵ→Ⅴmです。

トニックから始まりダイアトニックスケールを横へ横へと駆け下りていくコード進行となります。

階段を一段一段降りていくような印象を受けますね。淡々としています。

Go Shoppin’ / Bran Van 3000 でも使われています。

Vol.99 レゲエの発音とエレクトロサウンドが怪しく絡む。『Go Shoppin' / Bran Van 3000』
Go Shoppin' / Bran Van 3000 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 音楽ジャンルには土地名がついたものも多くあり、それだけ地域によって音楽カラーが出ているわけです。 …

このコード進行の後にコーラス2のコード進行が使われます。

アウトロ

アウトロ 譜面で
ns13

キーエディターで
ns14

E♭m→D♭/F→E♭mなのでⅠm→Ⅶ/Ⅱ→Ⅰmです。

トニックで始まりトニックで終わるコード進行です。

ベースは上に進もうとしているのに、和音は下に下がろうとしてますね。結局元の位置に戻ってきてしまう。

動きたいけどビビってる、始まりもしなければ終わった感も薄い中途半端な印象を与える事ができるコード進行だと言えます。

歌詞と連動している気がしませんか?

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

非常にシンプルで、そして古臭い楽曲でした。

このような古臭ダンスナンバーが流行ると嬉しいです。

GANO

そしてオドループするんですね

Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』
オドループ/フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 最近『フレデリック』と『オドループ』という言葉をよく目にするので、僕も早速聴いてみました。 なかなかかっこいいで…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.37 無理に明るくして誤魔化してる、本当の気持ちをはっきり言えない『Tongue Tied / Grouplove』

Tongue Tied / Grouplove どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.74 ただ単純に素直にクリスマスを楽しもう!『Wonderful Christmas Time / Paul McCartney』

Wonderful Christmas Time / Paul McCartney どうも、GAN

記事を読む

Vol.142 Funkyなワンコードからリハーモナイズし哀愁あるサウンドに変化する曲。『Souffles H / MONDO GROSSO』

Souffles H / MONDO GROSSO どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.114.5 松田翔太さん出演のCM 『サントリー ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉』のCM曲は? 歌っているのは誰?

松田翔太さん出演『プレモル』のCM どうも、GANO(@Past_Orange)です。 松田

記事を読む

Vol.112 エレクトロファンクな1曲! 『I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak』

I Don't Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak &am

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

Vol.4 強く働く女性へ向けた応援歌。『Know Who You Are / Pharrell Williams feat. Alicia Keys』

Know Who You Are / Pharrell Williams feat. Alicia

記事を読む

Vol.105 サントリー ウイスキーのCMでおなじみ。『ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり』

ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.127 ♭9や♭13が半音でぶつかり不穏な空気を演出する繊細な1曲。『Dream On / Aerosmith』

Dream On / Aerosmith どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑